中型犬を飼う際には中型犬用のハートガードプラスで予防!

予防方法はさまざま!

二色の薬

犬に最も多く見られる病気にフィラリア症がありますが、実際は適切な方法で予防薬を投与することで確実に予防してあげることができます。
まずは、予防をする前にフィラリア症の検査を受けてることから始めましょう。フィラリア予防薬は、既に感染している動物に投与してしまうと副作用を引き起こし、犬が大変危険な状態になってしまいます。予防するために投与したのに危険な状態にしてしまっては意味がありません。確実に守るためには、しっかりと検査をしてから予防してあげましょう。
予防をする方法は、3種類あります。飼い主にとってラクな方法は、年に1度投与するだけで効果を発揮する注射タイプです。しかし、犬にとっては痛いですし、副作用の事例が一番多いです。特に、血統種は注射の投与方法とあまり相性が良くないので、できる限り違う方法で投与することをオススメします。注射の他に、錠剤タイプとスポットタイプがありますが、2種類とも蚊が行動している期間は毎月1回投与する必要があります。1回与え忘れるだけで効果が無くなってしまうので、与え忘れがないように気を付けなければいけません。
錠剤タイプは、犬が嫌がる可能性もありますが、ハートガードプラスのように、牛肉を使用して犬が喜ぶ味にする等の工夫してある医薬品もあるので、比較的にあげやすいでしょう。しかし、ニオイや味に敏感に反応してしまう犬も中にはいます。そのような際には、スポットタイプの投与方法を試してみましょう。スポットタイプの投与方法は、首周りに液体を垂らすだけなので、犬も嫌がることなく投与することができます。
幼い犬には投与しないことや、2日以内にはシャンプーをしない等の決まりがありますが、とても投与しやすい医薬品になっています。
色んな投与方法や薬があるので、それぞれの犬に合った投与方法を選ぶようにしましょう!

ピルにも色々ある!

テーブルの上に置かれた薬

ハートガードプラス中型犬用などの獣医師の指示が必要な医薬品でも個人輸入代行で自宅から購入することができます。実は人間の使う医薬品も購入することができるので、購入したいものがあるなら、利用してみましょう!

自宅で簡単に購入できる!

積まれた青いブリスター

ハートガードプラスやアフターピルなどの要医師指示医薬品に指定されている医薬品は、病院へ行って購入する必要があります。しかし、病院へ行くのが面倒くさいという人もいるのではないでしょうか!自宅から購入できる方法を紹介!

経済的にも優しい!

白い錠剤

ハートガードプラスや低用量ピルは、一度の利用ではなく、長く続けていく医薬品なので、料金が高ければ経済的にも苦しくなってしまうでしょう。ここでは、なるべく安く購入する方法を紹介していきます!

オススメ記事

薬袋から見えるカプセルと錠剤

「中型犬を飼う際には中型犬用のハートガードプラスで予防!」のオススメ記事です。

↑ PAGE TOP